都心部で増えるマンションの需要を活用する不動産投資

近年、都心部で賃貸マンションに対する需要が高まっているのだという。
その背景には晩婚化に伴い独身者が増えマイホームや分譲マンションの購入を控え動きやすいように賃貸を借りるといった流れがあるようである。
また結婚したとしても結婚生活が長続きせず20代30代の独身者増加傾向を促進させる要因になっている。
その他にも外資系の進出で海外からの移住者が増え同じように独身であるため賃貸マンション生活をより一層増す結果に繋がっている。

このように需要が高まっている中でマンションの開発が追い付いておらずまた開発規制の動きもあるため今後賃貸マンションの賃料の値上げや物件自体の価値の増加が予想される。
そんな今だからこそ不動産投資をはじめるべきではないだろうか。
その他にももちろん資産運用の方法はあるが現実問題、為替取引や先物取引、株、証券といったものは知識が必要とされまた価値が下がった際の損益が大きい。
短いスパンでの大きな成果は期待できるがその分リスクも伴ってしまう。

その点不動産投資はリスクが少ない。
全くないというわけではないが天災、人災といったような不遇に見合われなければ早々物件の価値が落ちる事はない。
最悪購入した土地さえ残っていれば価値が0やマイナスになることは絶対にないのである。
また長期的に家賃収入が得られる点を考えても働けなくなった老後などの安泰に繋がり一生続けれる資産運用といっても過言ではないのではないだろうか。
今後更に需要が高まる都心部での賃貸マンションへの不動産投資から目が離せない。

2010-11-11「不動産投資」カテゴリリスト. You can follow any responses to this entry through the feed. You can leave a response, or from your own site.

Leave a Reply